中身がこぼれてしまう器を作る人の話

pottary.exblog.jp
ブログトップ

20180507 大船フラワーパークでのサボテン・多肉植物展

今年こそは大船へは行かないという強い決意のもとゴールデンなウイークを過ごすつもりでいたのですが
仕事の都合でど真ん中に半日出勤が必要になり泣く泣く出社することになり
半日では休日出勤のお手当もいただけませんので代わりに半日休むことにしました。

ん?あれ?これって大船いけるんじゃね?みたいな気分になり薄雨の中うっすら寒い中行ってきました。

いつもは半年周期で開かれるのですが、
大船フラワーパークの運営が日比谷花壇に変わった事で園内の改装などがあり昨年の秋は開催されませんでした。

今回の会場はいつもの入って左方向の展示スペースではなく温室改めグリーンハウスで行われました。
左回り順路のドーナツ状旧温室がグリーンハウスと名前を変えていました。
水連池を抜けた順路最後のこじんまりとしたスペース(以前は珊瑚油桐とかシダ的な鉢植えが置かれてた)に
展示も即売もごちゃっとまとまっていました。
「立派なこの展示苗の小苗がそこに売ってます」みたいな狙いがあるのかもしれませんがちょっと見づらかったかも...

展示苗は多くありました。サボテンの類も大小多くありました。
ハオルチアも名称未設定なものも多くありました。
しかし、硬葉のハオルチアは目立ったものがありませんでした。
今回は肉まんじゃない方の551と大きめのミニマくらいでした。

会場内の様子
d0171209_10480397.jpg























以下今回購入したモノ

ハオルチア 菊日傘 
Haworthia cymbiformis var. translucens
ウニ的な外観で申し訳なさそうな葉先の窓
d0171209_10382161.jpg



























アガベ 姫乱れ雪 白中斑 
Agave parviflora variegata
検索して育ったらキレイーと思って購入したが
キレイな状態を見ることが出来るのだろうか....
d0171209_10382040.jpg




























晃山(光山) 
Leuchtenbergia principis
サボテンらしからぬアガベ的な見た目
d0171209_10382615.jpg































フラワーセンター改装後の印象は基本的に人件費削減のためなのだろうと感じます。
入場券が手売りでなくタッチ式自販機になり、旧展示棟前の大きな池が無くなり、少し離れた植物売店が受付脇に移動され、
旧温室内は植物が少なくなって部分的に床がコンクリ化され椅子が置かれていました。
トックリランやヒスイカズラは生き残っていましたが壁にかかっていた大きなビカクシダはありませんでした。


この壁にわさっとでっかいビカクシダがあったんですけどね
d0171209_10382246.jpg




[PR]
by pottary | 2018-05-09 10:50 | 植物