中身がこぼれてしまう器を作る人の話

pottary.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015.03.22 ハオルシアフェスティバル

3回目のハオフェス(KFC hall&roomでは2回目)
今回は大人の事情により業者の出店が無かった。
ハオ以外の販売を勧めるような文言があったが、
販売品はハオばかり(それも軟葉ばかり)

いろいろ思うところありますが展示品は良いものばかり
昨年よりも良くしようと照明展示を工夫されてたり
売買だけでなく談笑交流にスペースを割いていたり
テーブルにチョコやお菓子を置いてあったりして
最近の多肉イベントとは少し違って見えた。
(その筋では大家の)おじさんたちが受付や集計など忙しそうでしたが...

展示品の数々
d0171209_2232837.jpg

d0171209_2232987.jpg

d0171209_2233063.jpg

d0171209_2232258.jpg

d0171209_2232326.jpg

d0171209_2232498.jpg

d0171209_2232562.jpg

d0171209_2232652.jpg

d0171209_2232785.jpg

d0171209_2232862.jpg

デカく作りすぎた鉢を使ってもらったり
(赤くで大きなコエルきれいでした)
吉田園芸部さんからお姉さんと妹さんが苗を持ち込まれていた
自分で交配をして良い苗を作り出す....これこそだなと思う。

そしてお昼は別行動で亀戸餃子で2皿中生・餃子は正義
d0171209_224812.jpg


で、購入品
d0171209_2241171.jpg

d0171209_224123.jpg

d0171209_2241426.jpg


以上
[PR]
by pottary | 2015-03-23 21:10

2015.03.08 春のビックバザール

今日は国際多肉協会のビックバザールがありました。
いつもの事ですがサイトでの開場時間は9:20となっておりますが、実際の開場時間は8:50でした。(いつもの事です。
また、その時点での行列人数は150人というところでしょうか?(これもいつもの事です。
今回は2週後にハオフェスがある影響なのか?、個人で出展されてる人が少なかったように思います。
品物の価格についてもお店の人が頑張っていて欲しいものがあっても価格的に合わない印象。
今回いちばん熱かったのは会員販売コーナーのエケベリア、販売前から机の前に人だかり。
販売を始めたら机が倒れるんじゃないかと思うほどの圧力
「1人1鉢です!」「譲り合ってください!」という女性の大きな声
「人を整理してから売らないと...」という周りの声
まあ、あっという間に完売してましたのでどんな種類を出していたのかさえ分からないですがかなり人気でした。(主に女性に...
d0171209_203862.jpg



そんななか今回も根塊を購入しました。
珍しくサイズも手頃だったので4つの中から選んで購入
キフォステンマのパキプス
d0171209_2038558.jpg

ココで購入するとキレイな空色の紙袋に入れてもらえる。
会場内でその紙袋を持ってる人はイモニスト。


会員販売コーナーで昨年ダメにしてしまったユーフォルビアのグロボーサ
d0171209_2038684.jpg

おまけの抜き苗を持ってってと言われいくつかいただきました。


購入品は以上2点ですが頂き物が多数
ユーフォルビアセットと白いキレイなアロエと関西限定品の数々..ありがとうございました。

そして品物をちょろっと販売しました。
喜んでいただいてありがたい。

という数十数回目の誕生日でした。
[PR]
by pottary | 2015-03-08 17:12 | 植物

関西方面へ発送予定の品々

d0171209_13405623.jpg

d0171209_13405756.jpg

d0171209_13404094.jpg

d0171209_13404278.jpg

d0171209_13404396.jpg

d0171209_13404479.jpg

d0171209_13404549.jpg

d0171209_13404629.jpg

d0171209_1340476.jpg

d0171209_13404988.jpg

d0171209_13405282.jpg

d0171209_13405365.jpg

d0171209_13405364.jpg

[PR]
by pottary | 2015-03-02 12:30 | 陶芸

2015.02.21 陶芸本焼き

こっそりと今年2度目の本焼きです。
1度目は先月こそっと....
ちっさい窯なので本当はもっとコンスタントに焚くべきなんだがね
今回も植木鉢ばっかりだが、いろいろ試した。

まずは溶岩釉と言われてるタイプ
d0171209_16531324.jpg

d0171209_16531426.jpg

いつものトルコマット釉をかけた後に発泡作用のある粉を
水溶きしてランダムにハケ塗りをして焼成。
ササッと塗ったのに発泡能力は強い。
軽石っぽくなってる部分があり食器としては確実にアウト

次は緋襷風
d0171209_1653153.jpg

d0171209_16531655.jpg

藁の代わりになる物をなるべく密着する様に巻きつけて素焼
燃え残りを払った後にそのまま本焼きする
素焼後の時はオレンジのタスキだけど本焼後は少しくすむ
灯油窯なので還元気味になる影響か単純に温度の影響か....。

次はルーシーリーさん由来のピンク釉
d0171209_16531788.jpg

d0171209_16531732.jpg

このピンク色はクロムの化粧土と亜鉛釉が焼成中に混ざり合い作り出される
線彫りへ真面目に化粧土を入れてる部分と楽してる部分が如実
亜鉛釉を厚めに掛けた方が反応しやすいようだ。
縁と底のブロンズ釉は薄かったと思う

白土にベンガラ塗ってトルコマット釉
d0171209_16531884.jpg

d0171209_16531930.jpg

両方とも上半分だけベンガラ塗りし、その後トルコマット釉
釉薬がベンガラと混じりながら流れグラデーションがキレイ
d0171209_16531979.jpg

他のモノも相対的に緑色が強く出る、黒っぽくなる部分もあり
面白いが現在のところ制御不能

以上
[PR]
by pottary | 2015-03-01 16:09